5、京都

〔京都〕祇園の佐川急便どすえ~

京都、祇園。

Img_4162

Img_4158_2


京都観光の中心地であり
昼夜問わず大勢の観光客が訪れますが、
この落ち着いた街並みに
気忙しさも吹き飛びます。


そして、こちら祇園の佐川急便さんshine


Img_4163_3


暖簾も照明もレトロだわー(´∀`)


Img_4164

Img_4165


なかなか雰囲気のある店構え~shine

二番目の写真のちょい東側の通りにあります。

R☆しゃん、今度行ったら探してみてねcamerashine



   

[京都・食]日の出うどんのカレーうどん

Img_3946

日曜定休のため、なかなか食べるチャンスのなかった
「日の出うどん」のカレーうどん!


食ブログ風にこんな感じで箸でうどんを持ち上げ
撮影してみましたが…
Img_3948
コンニャロ、難しいぜ!(笑)


和風出汁をベースにした、おうどん屋さんらしいカレーうどん。
わたしは、刻み揚げと九条ネギの入ったうどんを頂きました。

辛みは「普通、中辛、辛い」などなど調整してもらう事が可能で、
個人的には「普通」もしくは「中辛」あたりが
一番和風カレーうどんのうま味を味わえ、お勧めかも~(o´ω'o)ノ



店主さんも、すごーーくいい方で、
となると当然の如く、働いているスタッフの方たちも皆さん対応が丁寧!
はい、リピート確実!(*・∀-)☆

Img_3944_2 Img_3945 

売り切れ次第終了ですので、夕方には閉店している事も。

美味しいですぞ~smile



日の出うどん

京都市左京区南禅寺北ノ坊町36

℡075-751-9251

営業時間:午前11時から午後5時まで

毎週日曜定休、
第1・第3月曜休み(月曜が祝日の場合は火曜休み)
7、8、11月は不定休














[京都・菓子]出町ふたば 豆もち

Img_3252


写真左の「名代 豆もち」で有名な和菓子処「出町ふたば」さん。


1

Photo

わたしが行く時、週末は特にいつもこんな感じの
行列でして、買い物するにも一苦労sweat01

美味しい物を買うにはエンヤコラなのですね~。


「名代 豆もち」は、塩味のきいた北海道産の赤エンドウ豆が
甘いこしあんにほどよくパンチを効かせ、とても美味しいのです。
また、それを包む餅もやわらかくって絶品。

はじめて食べた時は感動したなあーheart02

でも、翌日まで持ち越すと餅が固くなってしまいますので
当日食べきりでないといけません。

口の周りを粉だらけにして急いで食べましょう。
あ、奥様、喉に詰まらせてますよっ!!(ンガンッンッ)

♪サーザエーサーン サザエサーン、
サザエサーンハ ユカイダナ~♪


龠λλλλλ~



…気を取り直し、
春は桜餅や三色団子などもあって楽しいーヽ(o´∀`o)ノ

Img_3710

豆もちと違い、こちらは翌日でも美味しく頂きました。





「出町ふたば」

京都市上京区出町通今出川上ル
清龍町236

℡ 075-231-1658  
火曜と第4水曜休み(大型連休など変更あり)

[京都・菓子]松屋藤兵衛の松風

Img_3404

昔っから京都のお土産で大好きだった「松風」。

茶の湯の席の茶菓子などとしても出される
長い歴史を持つ菓子として知られています。


京都に「松風」を出す名店は数多くありますが
わたしは北区、大徳寺の東隣にある
「松屋藤兵衛」さんによく行きます。


味噌の香りがする弾力ある生地が何ともクセになる食感で、
ほかの店の「松風」にはない
塩からい大徳寺納豆がちりばめられている所も
味わい深くて大好きです。


Img_3364
江戸時代後期の創業。
タージャスのように右から読むのかしら?と思いきや
普通に左から読めばいいのですよ…


Img_2941

Img_2944
そういえば、この可愛い子ちゃんと行った時は売り切れていたっけ…



でもこの子と行った時は…
Img_3367

「ごめんくださーーい」

Img_3368
お店の方に快く迎えられ、
「マイケルだ~、可愛い~!」なんて言われて
有頂天になっていたよね(笑)


すっかりお店でくつろぎもして…
Img_3371_2
「ストーブがあたたかくて気持ちいいー」

(真冬でも半袖、それがうちのマイケルさんたちなのサ(´∀`;))




Img_3403

「松風」、若干好き嫌いあると思いますが
わたし的にはおすすめですnote




松屋藤兵衛

京都市北区北大路紫野大徳寺前
大徳寺バス停前

℡ 075-492-2850 木曜休み













[京都・菓子]双鳩堂の鳩もち

Img_3980

明治13年創業の菓子店「双鳩堂」の「鳩もち」


Img_3983

何でも創業者が神社の狛犬ならぬ「狛鳩」をモチーフに
鳩せんべいを焼き始めたのが、鳩つながりの菓子を出し続けている
きっかけだとか。(双鳩堂HP→・


鳩もち、わたしは本店で買いまして、
その翌日食べましたけど
モチモチっとしていて美味しかったです。

でもなかなかちぎれないのですよcoldsweats01
だから鳩をビヨーーンと伸ばしたり、胴体のあたりで切ったりと、
ひよこ饅頭を食べる時以来の切なさを感じました。


Img_3942


Img_3943_3

双鳩堂本店:〒606-8004 京都市左京区山端川端町11
        TEL/FAX.075-781-5262

双鳩堂・詩仙堂茶店:〒606-8154 京都市左京区一乗寺詩仙堂隣
        ℡ 075-712-3925
             


※でっち羊羹いうと、吉田戦車の漫画『ぷりぷり県』に出てきた
お相撲さんみたいな人を思い出します…。
あれってたしか大阪出身の人じゃなかったけ?
でも、でっち羊羹といえば福井のイメージなんだけどなあ。
また『ぷりぷり県』を読み返さなければなるまいな…

その他のカテゴリー