トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

[京都・菓子]松屋藤兵衛の松風

Img_3404

昔っから京都のお土産で大好きだった「松風」。

茶の湯の席の茶菓子などとしても出される
長い歴史を持つ菓子として知られています。


京都に「松風」を出す名店は数多くありますが
わたしは北区、大徳寺の東隣にある
「松屋藤兵衛」さんによく行きます。


味噌の香りがする弾力ある生地が何ともクセになる食感で、
ほかの店の「松風」にはない
塩からい大徳寺納豆がちりばめられている所も
味わい深くて大好きです。


Img_3364
江戸時代後期の創業。
タージャスのように右から読むのかしら?と思いきや
普通に左から読めばいいのですよ…


Img_2941

Img_2944
そういえば、この可愛い子ちゃんと行った時は売り切れていたっけ…



でもこの子と行った時は…
Img_3367

「ごめんくださーーい」

Img_3368
お店の方に快く迎えられ、
「マイケルだ~、可愛い~!」なんて言われて
有頂天になっていたよね(笑)


すっかりお店でくつろぎもして…
Img_3371_2
「ストーブがあたたかくて気持ちいいー」

(真冬でも半袖、それがうちのマイケルさんたちなのサ(´∀`;))




Img_3403

「松風」、若干好き嫌いあると思いますが
わたし的にはおすすめですnote




松屋藤兵衛

京都市北区北大路紫野大徳寺前
大徳寺バス停前

℡ 075-492-2850 木曜休み













[京都・菓子]双鳩堂の鳩もち

Img_3980

明治13年創業の菓子店「双鳩堂」の「鳩もち」


Img_3983

何でも創業者が神社の狛犬ならぬ「狛鳩」をモチーフに
鳩せんべいを焼き始めたのが、鳩つながりの菓子を出し続けている
きっかけだとか。(双鳩堂HP→・


鳩もち、わたしは本店で買いまして、
その翌日食べましたけど
モチモチっとしていて美味しかったです。

でもなかなかちぎれないのですよcoldsweats01
だから鳩をビヨーーンと伸ばしたり、胴体のあたりで切ったりと、
ひよこ饅頭を食べる時以来の切なさを感じました。


Img_3942


Img_3943_3

双鳩堂本店:〒606-8004 京都市左京区山端川端町11
        TEL/FAX.075-781-5262

双鳩堂・詩仙堂茶店:〒606-8154 京都市左京区一乗寺詩仙堂隣
        ℡ 075-712-3925
             


※でっち羊羹いうと、吉田戦車の漫画『ぷりぷり県』に出てきた
お相撲さんみたいな人を思い出します…。
あれってたしか大阪出身の人じゃなかったけ?
でも、でっち羊羹といえば福井のイメージなんだけどなあ。
また『ぷりぷり県』を読み返さなければなるまいな…

トップページ | 2011年5月 »